スピリチュアリズム「幸せに生きるための8つの法則」について


1848年3月31日に近代スピリチュアリズムが誕生したのです。この日は、スピリチュアリズム記念日と今もスピリチュアリスト達はこの日は初心に返る日として愛されています。

いったいこの日に何が起こったのか?
1848年、アメリカニューヨーク州ハイズヴィルのある家で『ポルダーガイスト現象(騒霊現象)事件』が起きたのです。フォックス一家がこの家に引っ越してきてからというもの毎晩決まった時間に『ラップ音』つまり叩音現象に悩まされました。フォックス家の幽霊騒動は当時のマスコミにおいても『大きな事件』として扱われたのです。

ある日、フォックス家の次女のケイトが『もしこの音を出しているのが幽霊さんなのなら、私の問いかけに答えてください。』と言ったあとに手をパンパンと叩いてみせました。すると、驚いたことにその手を叩いた同じ数だけ音(ラップ)を返してきたのです。

その反応に驚いた家族は、アルファベットを綴ったボード(*このアイデアが後に交霊用のウィジャボードになった)をもとに、霊との交信を試みたのです。

すると、このラップで交信が確かな文章となり霊魂の身分から生前していた仕事から、なぜ死んでしまったのか、その遺体は放置されているということまで分かりました。『私は5年前にこの家に住んでいたが殺されてしまった、名前はチャールズロスナーで行商人だ。私の遺体はこの家の地下に埋められてしまった』と細かなところまで告げてきたのです。

後に、この霊との交信をもとに家の地下を調査すたところ、この家の地下から人骨と毛髪と行商人の靴が発見されたのです。

この最初に交信されたその日が、『3月31日』なのです。

なぜこの日が記念日なのかというと。
これまでの現世で起こる心霊現象のほとんどが、エマニュエルスウェーデンボルグを代表とるすような霊媒本人のみが知覚しうる心霊現象(精神的心霊現象または主観的心霊現象)が中心だったのに対して、

このフォックス家の事件でポルダーガイスト現象という『物理的心霊現象』または『客観的心霊現象』という、第三者が知覚しうる現象が大きなポイントであり、この交信が歴史上初めて、人と霊が交信をした日であるエポックメーキングな出来事だったからです。

その後、当時科学研究の中心だったイギリスなどで、心霊現象の研究が盛んに行われるようになりケンブリッジ大学関係者により (The Society for Psychical Research)心霊研究協会(霊魂を否定するための研究団体)も設立されました。イギリス人の気質もあってか、日本のように心霊現象を頭ごなしに否定することはせず、否定するのであれば霊魂は存在しないことを証明する必要があるという、科学者として真摯な姿勢であることが興味深いところです。

(また、現在も名称だけが誤謬されてしまっていますが、本来「霊媒」(ミディアム)とは、研究のために霊界との交信を協力する役目を指すものであって、心霊研究用語として誕生したもので、日本のように祈祷師を指すものではないのです)

研究者の中には、イギリスの首相アーサー・バルフォア、タリウム元素を発見した物理学者サー・ウィリアム・クルックス(クルックスが心霊現象を真実であると確信できたのは人体浮遊で有名だったD・D・ヒュームの存在でした。また、フローレンス・クックの交霊実験、エクトプラズムによる完璧な物質化現象、美しい霊「ケイティーキング」とのツーショットの写真はとても有名で、霊はピアノを弾いて見せたりもしました)、 物理学者オリバー・ロッジ卿、ノーベル賞受賞生理学者シャルル・リシェ(1893年には、当時話題になっていたイタリア人霊媒エウサビア・パラディーノを調査する過程で、ギリシア語のecto(外の)とplasm(物質)を組み合わせて「エクトプラズム」という新語をつくりだした)、その他、サー・アーサー・コナン・ドイル(シャーロックホームズの著者)など、歴代著名な学識人が名を連ねていました。

霊魂を否定するために設立された心霊研究協会ですが、現在も存在しているという事実により、いまだ霊魂を否定できていない証拠と捉えると興味深いものがあります。

このように、心霊現象研究に関わった学者の中には、研究を進めているうちに、より霊魂の実在を確信するものたちが続出したのでした。そして、「死後の世界があるということが紛れもない事実であると確信するならば、これまでの常識が覆されることになる。ならば真実の生き方をするべきである」とした哲学をスピリチュアリズム(Spiritualism)といい、 その人生観にて生きるものをスピリチュアリスト(Spiritualist)と名付けられたのでした。

また、後に様々な霊界通信は異口同音に「このポルターガイスト事件は、霊界が計画した人類へのメッセージである」と述べています。

スピリチュアリズム(霊的真理)は、イギリスの稀代の霊媒でありスピリチュアリズムの普及に大きく貢献した『エマ・ハーディング・ブリテン』の霊界通信をもとにイギリスの国際スピリチュアリズム連合が定めた『七大網領』のことを言います。
『幸せに生きる8つの法則』とは、それを分かりやすく8つに分けたものです。

その法則は以下に分けられています。

○スピリット(霊魂)の法則
○ステージ(階層)の法則
○波長の法則
○守護の法則
○類魂の法則
○因果(カルマ)の法則
○運命の法則
○幸福の法則



スピリチュアリズム講座は、スピリチュアリズムの大前提となる『スピリット(霊魂)の法則』からはじまります。まずはこれを理解していなければ、あとの法則は理解ができないでしょう。

スピリチュアリズムの8つの法則は、
私たちにとって大切な法則ですので、今後も何度もやっていく予定ではありますが、年に何回もする予定はございません。
毎月1法則ずつ、おこなっていきます。ですのでその月の講座を逃すと、また来年度へとなります。ご理解のほど宜しくお願い致します。

勘違いしないていただきたいのが、前述でお伝えした国際スピリチュアリズム連合の七大網領をそのまま学ぶわけではありません、実はこの大七綱領は誤解が生じる表現があることから、シルバーバーチなどの霊界通信でもその問題が指摘されています。ですから、もっと私たちが身近に感じやすく、分かりやすく誤謬を正した表現にしたのが『8つの法則』です。決して専門家のための知識ではない、私たちの生活にちゃんと活かせる為に『分かりやすい表現にした8つの法則』を学んでいくのです。

そもそも、なぜ私たちはスピリチュアリズムを学ばなければいけないのか?

スピリチュアリズムの『意義』とは?

スピリチュアリズムを必要としないあなたは、なぜ『躓き』というもので悩んだり、苦しんだりを繰り返すのですか?

スピリチュアリズムとは一言で言うと
『真の道を伝えること』であるのです。

やはりこの世で生きていると、自分にとって不条理で理不尽なことばかりが『常に立ちはだかる』と思うんです。
『人間関係、仕事、恋愛、結婚、家族、病気、お金、社会』

これをどうやって受け容れて、立ち向かわなければいけないのか?受け容れられないから、『厄』だといって厄祓いや占いに行くのでしょう?
このような現実逃避、
では逃げれば追いかけてこないのか?
そんな都合のいい世の中ではありませんよね?よく分かっているはずです、逃げてもまた別の形で新たにあなたの前に立ちはだかっているはずです。

じゃぁ明確な答えは本当に存在しないのか?

そこでのスピリチュアリズムに出会う『幸い』というのは、
この煩わしいと思うような不条理で理不尽な全ての出来事に対しての『明確に示す道、回答』があるということです。

だから、私のカウンセリングをお受けになったことのある方は、気付かれている方もいらっしゃると思います。
霊視と合わせて人事百般、どんな事柄に対してもお応えしアドバイスをしています。

どれだけ優秀な霊能があろうが、『スピリチュアリズム』がない霊能者は『エセ』となります。これははっきりと言えます。
ですから、もし霊能の無いあなたがスピリチュアリズムをマスターをしていれば、その霊能者よりも学びが深く、その霊能者へアドバイスもできるということです。これは間違ってますよと伝えることもできます。

私は、臆病でこの世の人間不信と言ってもいい人間で、たいした人ではありません。むしろ霊性が低いだろうと言われれば、そうかもしれない人間です。逆に高いと言われれば高いのかもしれませんが。。
しかし、家族であろうが自分以外の他人から何を言われても『不動心』を貫き、真の間違いには徹底的に言及をしています、
それができるのは『スピリチュアリズム』が私の根底にあるからです。霊的真理を軸とするから『常に腹くくり』ができる。
『孤高に生きる』をスタイルに日々の不条理な日常を生きていけるのです。

そして、毎回この講座では
今現在で起こっている事柄や、時代の流れに合わせた事柄をスピリチュアリズムの光をあててお話ししていく補足講座も同時におこなっていきます。

盛りだくさんの内容で毎回お話ししていき、皆さんには学びを深めて日々の生活に活かしていただけることと思います。


『幸せに生きたい』と願う方は、是非受講されることをお勧めします。


藤本麻啓

powered by crayon(クレヨン)